機械式時計の手入れやコストに関すること!

機械式時計というのはコスト的に

機械式時計はメンテナンスフリーというわけではないです。むしろ、非常に大きな費用がかかるのがメンテナンスになります。それをよく理解しておいて、ゆっくりと決めるべきでしょう。何十個も持ちますとそれだけでランニングコストが莫大になります。それでも問題ない、と言う人はいます。一種の趣味であり、それはそれで個人としては当然のことであるといえます。個人の趣味として機械式時計の収集をしている、という人は多いです。

実際にどのくらいの費用になるのか

そもそもまずはイニシャルコストがかかることになります。これは要するに買う為の費用になりますが、はっきりいって相当な金額になります。少なくとも10万円以上はかかると思っておくことです。これでもかなり安い部類であり、上はまさにきりがないレベルで物があります。それこそ、億単位の時計も決して珍しくないからです。但し、一般人はそんなものを買うことができるわけもなく、数十万円程度のものがベストでしょう。これでも安いほうということが多いです。

格好がよいのでステータスになります

機械式時計というのは、やはり格好がよい、ということがあります。そして、少なからず高いのでステータスになる、ということがあります。それはそれでよいことです。時計の良し悪しでどうしても人品を判断しようとする人がいます。そんなことで人品が分かることではありませんが、それでも十分に良い物品といえます。また、資産的な価値もありますから、いざという時に資金にすることもできます。それは極端に期待できるわけではないですが覚えておくことです。

ウブロの最大の特徴は、カーボン繊維の存在がハッキリと分かるフレームデザインです。従来の高級腕時計には無かったその斬新なデザインが、多くの支持を集める理由と言えるでしょう。