メンテナンスが必要?機械式時計ビギナーが購入前に知って置くべきこと!

オーバーホールって必要あるの?

機械式時計は精度を保つために数年置きのオーバーホールが不可欠です。オーバーホールとは時計本体を分解してから行うメンテナンスです。高級メーカーで購入した時計なのに調整が必要なのかと機械式時計にあまり知識の無い初心者は考えがちになりますが、機械式時計は歯車の回転を一定に保つ調速脱進機など、中には年に数億回動く部品もあるため、経年と共に劣化が生じます。この様に劣化した部品などが致命的な故障に繋がる前にプロによるメンテナンスで改善する必要があるのです。

オーバーホールの料金とメンテナンス期間は?

機械式時計をオーバーホールに出す場所は、機械式時計を購入した時計メーカーや、分解修理を受け付ける時計店です。まずオーバーホールに掛かる料金を見積って貰い、納得できる様ならそのまま依頼します。一般的にオーバーホールに掛かる期間は一か月前後です。劣化部品や潤滑油、パッキンなどの交換に加え、ケース内部に及んだ汚れを掃除し錆付きを防ぐなどが主な内容です。オーバーホールの料金は一般的な時計店で5万円前後、時計メーカーで8万円前後が一般的ですが、メンテナンスの内容によって加算がされます。

オーバーホールは何年ごとに行うの?

機械式時計のオーバーホールは約4年から5年ごとに行うのが望ましいです。近年の機械式時計に採用されている潤滑油の寿命が4年程であるためと、通常使用ならば深刻なトラブルが起きる前にメンテナンスが出来ます。また購入してから最初のオーバーホールは機械式時計の寿命に関わる大切なメンテナンスです。特に部品の摩擦により金属粉が出易く潤滑油が汚れ易い時期であるため、購入してから3年程でメンテナンスを依頼しましょう。

ダミアーニの場合、素敵なデザインの商品が多数揃っており、婚約指輪や結婚指輪などを探している場合に最適です。