七五三を迎えました!皆でレストランで食事をしましょう

七五三とはどのようなものでしょう

七五三とは、七歳、五歳、三歳になった子どもの成長を祝って神社や寺に参拝に行く日本の年中行事です。江戸幕府五代将軍の徳川綱吉が長男のために祝ったことが始めと言われています。11月15日が七五三の日とされていますが、今は両親の都合や天気などで11月のどこかで行われることが多いです。本来は三歳が「髪置きの儀」、五歳が「袴着の儀」、七歳が「帯解きの儀」として、その年齢に達した子どもの儀式を祝うものでした。しかし、今ではそれらの意味合いは薄れてきており、正装をして参拝に行き子どもの成長を祝います。

参拝の後には皆で食事に行きましょう

七五三は、子どもの成長を祝う行事です。両親だけでなく、祖父母や親戚なども呼んで盛大に祝いましょう。まずは神社や寺にしっかりと参拝をし、記念写真を撮ったら、皆で一緒に食事に行きましょう。自宅や参拝したところの近くのレストランやカフェ、食事処など、子どもと一緒に食事ができるところを選びましょう。子どもが好きなものが食べられるところだったり、個室になっていて、身内だけで気兼ねなく楽しめるところを選ぶと良いです。

上手に食事をする店を選びましょう

七五三の参拝後の食事場所は、子どもに負担がかからないように行き慣れたところや近くのところを選ぶと良いでしょう。今は七五三用にメニューやプランがあるところもあるので上手に利用すると良いです。また、子どもが少し音を出しても気にしなくても良いところを選ぶと祖父母や親戚も子どもの成長を存分に見ることができ、喜ばれるでしょう。また、正装で食事がしにくい場合もありますので、着替えができる場所などががあるとらくらくです。

七五三のレストランは、子供向けのメニューが豊富にそろっており、店舗によってはコース料理を注文できることがメリットです。