準備万端?七五三の準備で忘れがちなこと!

前撮りをして思い出を残そう!

当日は美容室で着付けやヘアセットをして、参拝に行って、その後会食をするので、ママも子どもも慣れないことばかりでクタクタになりがちです。でも写真には最高の笑顔で写って欲しいですよね。「着替えも面倒だから、当日いっぺんにすませたい」というのもわかりますが、写真撮影って意外と時間も体力もかかるもの、参拝中にお子さんにぐずられたら大変です。子どもに負担をかけさせないためにも写真は前もって撮っておくことをおすすめします。

ママの衣装は洋装が便利!

お子さんの準備ばかりに気を取られて自分の準備をすっかり後回しにしてませんか?正式な場なので和装を考えている方も多いと思いますが、着物を着たお子さんがおとなしくしていられなさそうだと感じるのであればやはり洋装の方が動きやすいのでおすすめです。子どものトイレに付き添ったり会食の前にお子さんの着替えをしたりと、お世話も意外と多いですよ。きちっとしたスーツではなく、キレイめのワンピースとジャケットなどで十分です。

急に行くことが難しくなった場合は?

七五三はお子さんの健やかな成長をお祝いする儀式です。三歳、五歳、七歳を節目として子どもが無事に育ったことをお祝いし、これからの健やかな成長をお祈りするために神社へ参拝しに行く習わしになっています。伝統的には11月15日が参拝に行く日とされていますが、実際は11月中の土日に行くご家庭が多いです。ですがお子さんの病気であったり、天候が崩れたりして11月中に七五三に行くのが難しい場合は、涼しい季節で参拝に行く日が仏滅でなければいつでも大丈夫ですよ。

七五三とは子どもの健やかな成長を祝う行事です。男女ともに三歳、そして男子の五歳、女子の七歳を正装でお祝いします。お参りの際に千歳飴が配られるので、それを持って記念写真を撮るご家庭も多いです。